無線LAN

lowdesk002無線LANというは、無線通信を利用してデータの送受信を行うLANシステムのことで、文字通りLANケーブルを使わないでインターネット接続をすることが可能になります。

最近発売されているノートパソコンの多くには無線LANの機能が内蔵されているので、無線LANの環境さえ作っておけば簡単に利用することができます(デスクトップは別途無線LANのアダプターを付ける必要があります)。

環境さえあれば家庭内のどこでも繋がる、、、と言いたいところですが無線通信を行っているため、家の構造や使っている建築資材によっては繋がりにくい場所が出来てしまうのも事実です。

無線LANを利用するのに必要なもの

無線LANを利用するには、モデムから電波を飛ばすのに必要な「無線LANルーター」と電波を受信するための「無線LANアダプター」の組み合わせが必要になります。

無線LANアダプターは前に書いたように、パソコンに内蔵されていれば改めて購入する必要はなく、無線LANルーターだけ購入すればよいので、手持ちのパソコンの状況を確認する必要があります。

無線LANの設置はハードルが高い?

無線LANは無線で接続する性質上、セキュリティ面で不安があります。

それを解消するために様々な技術(WEPやWPAやWPA2、IEEE 802.11i)を使って通信の暗号化を行っています。また、通信はネットワークキーと呼ばれるパスワードを用いて接続できる機器を限定するようにしています。。。

って難しい話は置いておいて、暗号化をして守るためにはどうしても設定項目が多くなってしまい、その分無線LANの設置のハードルが高くなってしまいます。

まあ、それも1回クリアしてしまえば後は快適なネット環境が整うので頑張ってクリアしていくしかないんですけどね。

LANケーブルを部屋に敷かずにインターネット接続を行う方法に「PLC」を使う方法がありますが、コンセントの近くでしか使用できない欠点があるので、設置場所を自由に選べる点では無線LANの方が上だと思います。

PLCNにするケースについては、「ローデスクのお供→PLC」で詳しく書いていますので、PLCが気になるかたはそちらをご覧ください。

お勧め無線LAN(ルーターとアダプターのセット)